GOOD SONGS


You Belong To Me - Carly Simon
アメリカのシンガーソングライター、カーリー・サイモンの1978年の曲。
ドゥービー・ブラザーズのマイケル・マクドナルドとの共作です。
この曲自体も大好きなのですがこのyoutubeでライブ動画を発見した歳は興奮して速攻この時のライブDVDを購入してしました。
ライブ時は強風だったのでしょうか?遠くの民家の屋根から望遠鏡でのぞいてる二人とか最高にかわいいですね。カーリー・サイモンもとてもキレイだし衣装もほんとにセンスがよくてバックバンドも皆かわいい服きてておしゃれです(ニッセンの通販ぽくもありますがw)。カーリー・サイモンの髪が強風になびいてる姿がこの曲のじわじわこみ上げる高揚感、おせんちな気分かつ、向かい風を正面から受け止める意思の強さを感じさせてくれるようでもあり、この映像には奇跡がたくさんつまってます。この場にいた人は最高に幸せですね。djでもよくかけるのですがすごく反応がよい感じでもないけど一部すごく喜んでいる人がちらちら目につく大人な情熱的なラブソングです。

Posted by : wara | 2018-01-25 20:09 |  Comment 0 |  Trackback 


GOOD SONGS

好きな曲は山ほどあるのですが、自分のなかでこれは特別という曲もたくさんあります。
好きな理由はあまり明確ではないのですが、最近気がついたのは
生きててよかった と思える事です。おおげさな意味ではなくすごく気持ちが動かされる曲を聞くと生きててよかったと単純に思います。この感情は他の事柄ではあまりおこらないので自分にとって音楽はやはりけっこう大事なのかもしれません。

カテゴリーにGODD SONGSを作りふと思い出した時にレコメンします。え!こんな曲?というのもたくさんあると思いますが好きな理由もなんとなくわかる程度で説明しますので聞いてみてくださいね。


雪が降る町 ユニコーン
今日は今シーズン東京では初雪ですね。ひさびさこの曲を聞いてます。
メロディも歌詞も完璧で大好きです。
世の中は色々あるから どうか元気で お気をつけて

Posted by : wara | 2018-01-22 10:55 |  Comment 0 |  Trackback 


こだわりの

このあいだセブンいったら、セブンオリジナルの柿ピーが『こだわりの柿ピー』という商品名でした。世の中は言ったもん勝ちで動いている気配もうすうす感じますが、これも「随分だな、おい!」と思います。

そもそも、『こだわりの柿ピー』というネーミングの時点で、他の柿ピーはこだわっていないって思ってるって事です。そしてなんとこだわりの説明までパッケージの裏面にありました。

1.粒揃いの大粒落花生を仕様
2.香ばしい風味豊かなバタピー
3.カリッとした食感の柿の種

たぶん2.3は言ったもん勝ち系で他と一緒な予感です。食べたけどまったくわかりません。
1に至っては粒すら揃ってません。そもそもピーナッツが中国産って時点でそここだわれよと思います。かといってぷんぷんなわけでもなく、すごいずうずうしい商品名だなとちょっと好きです。

先程、アマゾンでみた小型シェイカーの宣伝文句もすごかったです。
『2ヶ月使用した感想。また生まれ変わっても買いたい!』
少し馬鹿にされてる気すらしますが嫌いじゃない。

Posted by : wara | 2018-01-17 15:48 |  Comment  |  Trackback 


Crowd Lu 【有你不一樣 Nice to Have You】

最近のヘビロはこれです。
クラウド・ルーはよくもまぁこんなにgood melodyばかりかけるものだ!
子供が歌う曲ってほんとにいいよね。歌詞もかわいいんだろうな。

Posted by : wara | 2018-01-14 12:40 |  Comment 6 |  Trackback 


人生 初インド その10

最終日、昼のフライトで国内便でバラナシ→デリー→国際線で成田の予定。
Sボーイの店にいく約束もしていたので、行かなくてはと思いつつもまだ食べてないラッシーの店や露店の服もみたいしアーユルヴェーダも朝イチで予約してるし、ガネーシャ・キラキラシールもまだ見つかっていない(おみやげたのまれた&俺もほしい)。

今回のアーユルヴェーダはデリーの時よりもいろいろコースがありました。目玉にオイル浸すやつをやりたかったんだけど、最終日なのでもうお金もそんなになく時間もぎりぎりだったのでシロダーラと謎のサウナみたいなやつで。サウナは熱くてやや死を感じ。施術もおわりシロダーラでオイルまみれの髪の毛なのですがなんと後のシャワーなしの様子。ベットベトのツルツルの髪の毛でお店を出ました。
インドに最初に来て思ったのは日本人が珍しいのかよくわかりませんが、けっこうな確率ですっごい眼力でガン見されます。旅行中盤で慣れましたがガン見っぷりはすごいです。そのままガン見を続けると飽きるのかプイってそっぽむいたり、負けじとガン見しかえして5秒くらい後に微笑むとだいたい相手も微笑むので面白いです。ただ!こんだけ頭がテッカテカでオイルまみれなのにこういう時に限って全然ガン見されません。最終日だからインドに溶け込んでいるのでしょうか、謎です。

髪の毛がオイルまみれのまま早めのランチしようかと思いましたが、いちど宿にもどりシャワー浴びてて身支度を整えたらもう時間全然なし。まだ行っていないバナラッシー(ラッシーの有名店)でラッシー食べたら送迎の時間までもう15分。
Sボーイの店は初日に行ったので今となってはもう記憶もあやふや。。。たぶんここらへんをいう辺りをうろうろしていると声をかけられ振り返るとSボーイでした。自分の気分的には300ルピーくらいのお土産かえたらいいなという感じだったのですがさすがSボーイ・ラストデー。怒涛の巻き返しでいろいろ購買レコメン。中でもチャイのスパイスの量り売り100グラム1200ルピーは一気にまくし立てたな!おい!と感慨深かったです。パッケージも可愛かった200ルピーの紅茶を買ってSボーイとは握手をしていろいろありがとうね。とお別れ。不服そうでご機嫌悪しなSボーイでしたがまぁしかたないよ。俺にも気持ちの都合がね。

なんとなくどんよりした気分で宿に戻り、ちょっと早めにきたお迎えでバラナシ空港に向かいます。やや暗かった気分も伊藤くんと毛布くんがふたりとも立ち上がってお別れバイバイしてくれたので少し元気になりました。
バラナシ→デリーはチェックインを2時間前に終えてください。と事前に聞いていましたが車はいっこうに進まず。嫌な予感は的中。空港へ向かう車道は大渋滞。永遠に渋滞。やっとついた時刻はなんと出発40分前。やばい。死んだ。インドはとにかくセキュリティーが厳しく空港内に入る前に航空券とパスポートチェックがありすんごい時間かかるのです。空港に入るエントランスはすでに長蛇の列。タクシーの運ちゃんがトランク出してくれるのを待っている時間なんてある訳もなく車を速攻飛び出しトランクも自分で運びダッシュ。車越しにみる運ちゃんがすごく悲しそうな顔でソーリィ。。。と、インド人が謝った!!!と驚きつつもダッシュ。その後は自分でもあまり覚えてませんが空港職員らしき人を見つけてはレイト!レイト!& eチケットみせまくり攻撃で長蛇の列をすべてスルーさせていただき気がついた時は機内に。
最後の最後までインドの洗礼は手を緩めることなく僕に襲いかかったのでありました。

あぁ間に合った、どうにかなるもんだ。
とほっと胸をなでおろし、そういえば、俺なんでインドにきたんだろ!?とふと我に返り。

最悪だけど最高に楽しい旅行だった!
次は南インドいきたい。




あけましておめでとうございます。ガンガーの日の出 また見たいです。

Posted by : wara | 2018-01-04 18:35 |  Comment  |  Trackback