人生 初インド その6

宿から一番近いガートはダシャーシュワメード・ガートでした。徒歩5分くらい。

ガートとは川沿いに階段で作られたの沐浴場。ガンジス河のほとりにはいくつものガートが連なっており、ヒンドゥー教徒はここで沐浴をしてガンジス河に祈りを捧げます。毎晩ヒンドゥー教の祈りの儀式「プージャ」が行われます。ガンガーを流れる水は「聖なる水」とされ、沐浴すればすべての罪を清め、死後の遺灰をガンガーに流せば輪廻からの解脱が得られると信じられています。(ややコピペ)

って随分、都合いいなおィ!!罪ってなんでしょう。定義を知りたいです最近です。だけどね〜実際あの場所にいくヒンドゥー教に見識がない自分でも、少しばかり考えてしまう空気があるのは確かです。信じるものは救われる。最近好きな言葉です。僕の解釈は、おおざっぱにいうと「信じると決めたのなら、その自分を信じよう」って意味です。
水質はすっごい汚いって話だったけど、そんなに汚くないよ。ガンジス川も近代化が進んでいるのでしょうか。やるねモディ首相。ガンガー(ガンジス河)にはたくさんの人がインド全土から各々の目的を果たすために集まっており不思議な空間。祈り、生活、死(火葬場)、人、動物、たくさんレイヤーが入り組んでいる感じです。バラナシ行ったら何しよう。とりあえず川沿いを歩こう。と思っていたのでダシャーシュワメード・ガートから下流に向かって歩いてみました。今日はお日柄もよくお散歩日和ですね。と優雅に歩いているといきなり目に入る火葬場。死体が燃えてるぞ?どんな散歩だよ!と思いつつゆっくり歩いていました。するとWhere are you from?と3人くらいの現地ボーイズに声をかけられ。
怪訝にするのもなんだかそんな気分ではないので トーキョー ジャパン と答えると、「そうなんだ〜」(やや片言)といきなり日本語。びっくりしてしまい日本語はなせるの??と聞くとちょっとね。と。これは噂によく聞くもしやあれでは。。。地球の歩き方にも書いてあったような気がするぞ。。。という不信感もあるのですが少し不安な時に耳にする日本語の安心感に誘惑されだんだん気を許し話もだんだんはずみ。気がつくと3人いたボーイはその日本語ぺらぺらボーイのみになっていました。sagiフォーメーションでしょうか。

俺「なんで日本語できるの?」
Sボーイ「ここで覚えた。日本人と話して。英語より日本語のがうまいくらい」(やや片言)
…(英語もできんだ。すごいな)以降()内は俺の心の声
俺「すごいじゃん、頭いいんだね」
Sボーイ「そなことないよ。簡単だよ。やる気さえあれば」(やや片言)
…(ていうかほんとすごいじゃん。尊敬するわ。ここで生きていくために必要なのか。)

いろいろ身の上話とか、日本の宗教観の話をしながら30分くらいたった頃。

Sボーイ「っていうか、さっきも言ったと思うけど俺ほんとに日本語のが得意なんだ、今までわざと下手に喋ってた。ほんとはもっとうまいんだよね」
…(え!最初は片言のが不信感が少ないという用意周到な作戦??すごすぎる!!ていうかなんでばらす!)
俺「まじで日本語うまいじゃん!」
Sボーイ「有給とってインドきてんの?」
俺「俺は自営業だから無理やり休み作ってきたよ。今年はずっと働いてて少し疲れた。いろいろ考えたかったんだ」
Sボーイ「そっか。日本人は働きすぎだよ。会社のために働くんだろ。もっと自分のために時間を使うべきだ。会社のために働いて何が残る?君は違うけどね」
…(あれ?いきなり説経?)
Sボーイ「俺なんてほら、今だって君と遊んでるぜ。仕事もあるけどね」
俺「仕事なにしてんの?」
Sボーイ「先輩の店を手伝ってる。近くだよ。あとで寄る?」
俺「そうなんだ。あ、あそこが火葬場だよね」
Sボーイ「ヒンドゥー教はここで火葬されることで輪廻から解脱できるんだ。あそこで焼かれる人、焼くことのできない人がいる。子供、妊婦さん。蛇に噛まれた人もだめだ。わかる?蛇は神様だからだめなんだ。そういう人は河に流す。今は規制が厳しくて昔のように簡単には流せない。もっと近くでみたい?」
俺「ううん、ここでいい」

二人でぼーっと火葬場の途絶えない火をみている事10分くらい

Sボーイ「おれらも死ぬんだぜ。みんな死ぬんだ」
俺「うん。そだね。」
Sボーイ「人生なんてあっという間だ。やりたいことやったほうがいいと思わない?」
俺「何がやりたいの?」
Sボーイ「今の仕事をもっと大きくして自分の店を持ちたい。もうすぐ中国人の子と結婚する予定なんだ。観光客は日本人がとても減っている。日本の若い人は旅行しないね。今は中国人が一番おおい。」
俺「こんだけ日本語話せるくらいの頭があればなんでもできるじゃん。日本語って難しんだよ。ちゃんと自分の意見ももってるし、ガイドでも食っていけるしなんでもできると思うよ」
Sボーイ「そうかもね。。。君は結婚してる?」
俺「してないよ」
Sボーイ「え!なんで?彼女は?」
俺「いないよ」
Sボーイ「なんで?」
俺「なんでだろうね。わからない」
Sボーイ「親がいて今の自分がいるんだろ?結婚しなきゃ。大事なことだよ。」
俺「そうかもね。。。」
…(なんか疲れたな。)
Sボーイ「これからどうすんの?」
俺「さっきバラナシに着いたばっかりだから、一人でうろうろしようかな」
Sボーイ「いろいろ案内するよ。行きたい所ある?」
俺「ありがと。今は一人で歩きたい気分なんだ。」
Sボーイ「OK。夜は何してる?ここで※プージャがある、みたいよね?いい席とってあげるから一緒にみよう。その後一緒に飯いこうよ。酒飲むでしょ?」
俺「え?インドは酒だめじゃないの???」
Sボーイ「飲むよ?俺はよくのんでる」
俺「そっか、プージャは絶対みたいからいくよ。夜の予定は決めてないから飯はまだわからない。」
Sボーイ「なんで?せっかく知り合ったのに。インド人と知り合う事なんて滅多にないだろ。まぁ考えといて。宿はサンタナだよね。5:45分にサンタナから通りにでる場所でまってるから。またあとでね。」
俺「わかった」

…(インドって男性同士で肩を組んで歩いてるのよくみるけど、俺がインド人に肩組まれてガンジス河沿いを歩くなんて夢にも思わなかったな) 続く



ガンジス河のほとり ガート周辺(どこか忘れた)

※プージャ ガンジス河の祈りの儀式 バラモン(司祭階級)によるヒンドゥー教の礼拝です。

Posted by : wara | 2017-12-15 12:40 |  Comment 0 |  Trackback 


人生 初インド その5

国内線でデリー空港からバラナシ空港へ約一時間。
ガンジス川のほとりヒンドゥー教の聖地へ朝イチで向かいます。

まだ日もでないくらいの時間から送迎タクシーですったもんだありインドの洗礼(洗礼=まじかよ!!)はまだまだ続くのだけど、もうありすぎで割愛。バラナシ空港はやや南国テイストの簡素な空港でした。バラナシから宿のサンタナバラナシまでも送迎をお願いしていたので安心していたのだか、安心するなんてまだまだ甘い自分。タクシーにのってバラナシ中心部に近づいてきたのかな?ってあたりでいきなりここで降りてくれといわれ。はて?トランクを持ちながら運ちゃんに着いて行ってウロウロ。なんだかリクシャーと交渉してる。なぜだ。送迎ってなんなんだ。日本の旅行会社。宿までも届けてくれないのこの事実を知っているのか。(今、思えば宿まで送迎はどう考えても無理だったのだが)どうもこの日はムスリム??とか言っていたような??よくわからんがパレードみたいなのが行われていて道路が封鎖。これ以上いけないからどうすっか。みたいなニュアンス。ほほぉ。また始まりましたな。とややブータレてるわたくしに「チャイでも飲んで落ち着けよ」みたいな感じでチャイを奢ってもらい道端に運ちゃんと二人。「今、友達呼んだからまってて」みたいなこといわれ、リクシャーでも来るのかな?と思っておりましたらなんと。。。バイク登場。え!これ!??二人乗りならまだしもでっかいトランクあんだけども。どうすんの??と聞いたらトランクは座る前に置けや。と。横からみると【ドライバー トランク 俺】トランクを人でサンドイッチしている感じ。俺死ぬかも。と思いつつ「もう、どうにでもなれ」と二人乗りwithトランク。「どうにでもなれ」「まぁいっか」は今回の旅行で勉強した最強ワードです。

インドの公道はマリオカートに牛と人と犬が混じった感じで+逆走あり、ほんとにハチャメチャで宿まで無事についたら乾杯したい気分。とか思ってたらさすがバラナシドライバー。ちゃんと着きました。あまりに非日常すぎてなんだか楽しくなってきてしまい、最悪だけどなんか楽しいよ?というよくわからない気持ちで宿に荷物を置いて速攻ガンジス川沿いのガートへ。そして、本当のインド旅行はこの日から始まったと知るのであります。 続く


インドの交通事情をどうぞ。(たしかバラナシで撮ったような記憶)

Posted by : wara | 2017-12-14 08:30 |  Comment 0 |  Trackback 


人生 初インド その4

インド3日目。念願のアーユルヴェーダ初体験。

デリーから車で約1時間。問診などもありちゃんとしてました。シロダーラ ぽけ〜っとできて最高です。おでこに油垂らすやつね。
サウスデリーの方にせっかく来たので、宿までの帰路の途中にあるお目当ての本屋に寄ろうと途中でドロップしてもらいました。インドで本屋を見つけるのは至難の業です。日本でイメージしている本屋は皆無。特にアート系なんて全然ないです。一度入った本やは何がおいてあるか見てもわからなかったけど、判型も皆同じで厚さもほとんど同じ感じでした。雑誌とかない感じ。空港ではVogue indiaとかみたけどな?海外にいくと書店めぐりをいつも楽しみにしているのでデザイン、アート系に特化している店舗を調べていたのではしごしました。(こういうのは調べてある)

●CMYK Bookshop
http://cmykbookstore.com/
オリジナルの手帳、カップなども売っている大人っぽいアートよりの店でした。やや硬派なかんじかも。お目当てのTara Booksは見つからず。

●Full Circle Bookshop
https://ja-jp.facebook.com/fullcirclebooks/
地下が本屋。上がカフェ。雑多なかんじで女子力強めです。嫌いじゃない。うろうろ見ていると絵本のコーナー充実。もしやあるのでは??とさくさくしているとありました!Tara Books!おいてあるもの全部みましたがオフセット(通常の機械の印刷)のものもあり、いろいろなバリエーションがありました。僕が気になるのはやはりシルクスクリーンで刷られた物。目玉が飛び出るくらいキレイです。シルクなだけでなぜ通常の絵本が作品にみえるのでしょう。やはりアナログ感というものは視覚以上の何かを訴える最強の表現です。Tara Booksは用紙も非常に凝っており絵の内容にとても合っています。1ページ、1ページ本が物体であるがための最高のアプローチだと思います。そして何よりやはり発色が素晴らしい!!視覚と触覚を刺激する平面表現!感動します。

この後の道中、意外な土地でTara Booksをみつけたりするのですがまた後日。

この日は一人行動だったのでインドの洗礼浴びまくります。
●オートリクシャー(小さいタクシーです)ぼったくり攻撃。その1
●電車のってみたいから適当にのってみたけど文字が記号で意味不明攻撃。
ホームに入るのにもゲートくぐってボディチェックありでした。あの駅だけ?
●オートリクシャーぼったくり攻撃。その2
●オートリクシャーぼったくり攻撃。その3
●オートリクシャーぼったくり攻撃。ていうか永遠。
●お金ちょうだい日本人でしょ攻撃。かつあげ。

この時点で●オートリクシャーぼったくり攻撃。はかわせるようになりインド観光レベルが1アップしました。毎回とんでもプライスからの交渉おつかれさまです。自分。なんでそんなめんどくさい思いまでしてリクシャーに乗りたいかというと、見た目が可愛いのと風を感じる所がとても好きなんです。運転怖いけど。日本にもあればいいのに。明日はついにヒンドゥーの聖地バラナシへ。


オートリクシャー すき
コンノート・プレイス(デリーの繁華街 ショッピングモールとかあります)からの、ぼりっぷりは目を見張るものがあるので一度ご体験あれ。海外ブランドの買い物袋とかもってるとさらにGODD! 完全なるカモ仕様です。
何度キレたことか!(インド経験値がまだ低い)


Full Circle Bookshopでゲット!TARA BOOKS!

Posted by : wara | 2017-12-13 09:29 |  Comment 0 |  Trackback 


人生 初インド その3

出発前にツアーの詳細をあんまり調べてなかったのでどういう宿か、場所なのかすらもいまいちわかっておらずとりあえず朝飯が食えるようなので食堂?らしき4階に向かうと宿泊している30くらいの日本人の男子がおりました。
話を聞くとどうもここサンタナデリーはバックパッカー御用達の日本人宿らしく宿泊客はほとんど日本人のようです。彼は電車を予約したいらしいのだけど、携帯からだとなかなかうまく情報が打てなくてややぷんぷんでした。
日本人と話せてなんだか安心。ちなみに場所はグランバザールの脇道から1分あたりです。
僕は一日でデリー周辺の主要観光を駆け足でまわりたい!という願いを叶えてくれるツアーを申し込んでおりました。通常は数人で廻るものらしいが一人なので少し高くつきましたが今思うととっても満足です。

●ビルラー寺院
ヒンドゥー寺院 院内にはほぼ全てのヒンドゥー教の神が祀られています。 靴を脱いで携帯など預けてから入ります。朝イチでいったので人もまばらでゆっくりした時間を過ごしました。ガネーシャだけ知ってました。ヒンドゥー教は基本、多神教なんですね。

●ラール・キラー
通称赤い城。とにかくでかい。すごい人だった。現在はほとんど軍が使用し独立記念日に首相が演説する場所のようです。観光できるのは1/3くらい。インド全土から観光に集まっている様子。学生のツアーが多かったです。みんな制服きててかわいい。
ボディチェックを終えエントランスを入るといきなり整備された土産物売り場。国は認めていないようで早く出ていってほしいらしいw
トイレの使用料5ルピーを10ルピー札で払ったらさっそく始まったお釣りくれない攻撃。まだインドをよくわかっておらずぽーっとしてしまうわたくし。
建物自体はあんま覚えてない。

●オールドデリーのバザール チャーンドニー・チョウク
サイクルリクシャ(人力車)でまわりました。オールドデリーは、あぁインド。。って感じ。強烈だから行くのおすすめ、かつおすすめできないw
カオスです。衣食住そろう印象なダーティな繁華街?というかなんというか辺り一面の店!店!店!(露店)人!人!人!たまに牛。犬。
ニューデリーは整備されて近代的。オールドデリー本来のデリーの姿という事らしいです。イスラム教の人が多いみたい。

●ラージガート
インド独立の父、マハトマ・ガンジーが火葬された場所です。とても整備されていてキレイな場所でした。各国の来賓やVIPはここによく訪れるそうです。ガンジーに思い入れがないと整備されたきれいな広い公園にみえます。(おれ)

●フマユーン廟
16世紀にその后によって建てられた、ムガル帝国第二代皇帝の墓。赤砂岩を使った美しい建築は、後に建てられたタージ・マハルにも影響を与えています。 (コピペ)


お墓です。っていうかここが一番気に入りました!!建築様式はイスラム。すべてがシンメトリーで幾何学的です。白大理石と赤砂岩でできています。国が文化財として力をいれて補修しているそうですが観光政策としては当然かもね。ここかっこいいもの。敷地の路面も幾何学的な平面構成になっており、いちいち赤いレンガの砂で覆われています。とても気が利いていて好きです。中央広間にある模棺は壁面に明り取りの窓は石の格子?床の美しいモザイクタイルなど過剰でない装飾。とってもセンスがモダンなんです。光の入り方なども計算されていて本当に素敵です。敷地内をシンメトリーに区切るかに走る水路もちゃんと水が満ちています。趣があります。現在でも金かかってます(ココ大事)。水面積の箇所は当時、自然のクーラーとして機能していたそうで金持ちってやっぱ半端ないと思わされます。エントランスから正面、中央の急な階段を登るとフマユーン廟メインのドームの周辺ををぐるっと囲むような正方形の広いバルコニー?に出ます。ここからの景色がさすが皇帝。なんとバルコニーからの景観がデザインされているのです(たぶんだけど)。周辺には木々が生い茂っているのですが大体同じ高さで整備されており森の地平線に見えます。まわりに高い建物がないので木々の隙間にみえる町並みも天と地を分けているかのような自然の水平線。感動です。風の通りもうまく計算されているのか涼しい開放感を感じます。フマユーン廟で一番気にいった場所です。
だがしかし、ここなんだか人気がない!人が少ない!ゆえの落ち着いた空気でそこがいいのだけどね。
個人的には是非おすすめです。タージ・マハルのお手本となった世界遺産。

ざっくり外観


中央広間にある模棺上の天井 すごくキレイ


壁面に明り取りの窓は石の格子

●クトゥブ・ミーナール
インド国内で最も高いこの石の塔は、奴隷王朝のクトゥブウッディーン
王によって勝利の塔として建てられました。(コピペ)
遺産のある公園というか入園料を払ってはいる敷地内は観光客の人人人。(おまえもな)長い時代の遺跡がたくさん残っています。「錆びない鉄柱」もここにあります。でもなんかあんまおもしろくなかったんだけどあまりに遺跡が多くて見落としてる!!!
地下に伸びる階段井戸?みたかった。。

あとは国会議事堂  インド門 なども見て回りましたが特に印象はなく。ニューデリーは整備されてるなという感じ。というか国会まわりのみ?外部にはクリーンでよい印象のインドを見てほしいという事なのかもしれません。でも心に残るのはそこじゃなかったりするのが人たる所以か。
こんだけ整備されゴミに気をつけインドの印象を変えようとがんばっているモディ首相。だけど少し移動したら全然インドだよ。

いかなくてもいいかも?なお土産屋さんに寄った以外はさすがツアー。実に快適なストレスフリーなデリー観光デーでした。
この時点ではまだ皆のいうインドのインドたる恐ろしさ(笑)(笑)(笑)に全く気がついていないわたくし。。知らないって幸せ。。 続く


ビルラー寺院前(よくみると俺もうつってるから見逃さないで)


ガイドのハーンさん 日本語ぺらぺらです。
まだ日本に行ったことはないそうで、いつか行きたいといってました。
インテリジェンスなジェントルマンです。

Posted by : wara | 2017-12-10 09:33 |  Comment 0 |  Trackback 


人生 初インド その2

インドの洗礼はデリー空港から始まりました。
19時くらいに到着。もう空は真っ暗。

空港からエントランスをぬけたとたん、旅行者をハイエナのような眼差しで見つめる&叫ぶ人人人。つーかなにこれ怖い。
しかも霧っていうかPM2.5?すごい。夜なのに空がやや白い。
僕は送迎をお願いしていたのですぐさま名前をみつけて逃げるようにピックしてもらいました。今思えば向こうの金額なら結構な額を払っているのだけどなにあの車!!!!まじぼっろぼろ。 まぁいいか?だけどほんとぼろぼろ。走るのかなって感じ。走ってたけど。
仲介料っていうのはほんとにばかにならないのだなといまさら社会のシステムを感じました。&情弱カモンなこのシステム。
この運ちゃんにいくら入るんだろうと。などと考えているうちに車は市内へ。そして気がつく恐ろしいインドの交通事情。クラクションは永遠。インドってクラクションは永遠です。(デリー&バラナシ)公道を走っていてクラクションがなっていない時間なんて一秒もありません。本当です。二車線道路に3台とか4台とか走ってます。おおざっぱな印象はマリオカートみたいな感じです。
なんなのこの国、なんかおかしいんだけど!!宿に近づくにつれどんどんカオス感はまし(普通減るだろ!都心に向かってんだぞ!)
道で結婚式?の馬&人混みで30分くらい立ち往生するわ、運ちゃんが窓から友達よんでいきなり乗り込んでくるわ、まじかよ!の連発。だかしかし、やっとこついた宿には律儀にトランクを運んでくれる運ちゃん。そしてずっと入り口で俺を子供のような眼差しで見つめなかなか帰らない運ちゃん。ごめん。。インドってチップの制度あるんだよね。イギリスのせいだね。
初日だしあんま調べてないし知らなかったんだよ。。

運ちゃんいつまでいんだろ?と思いながら、チェックイン
あぁ怖かったインド。
ってまだ初日。怖いし寝るわ。


結婚式のようです。道で。びびったけどこれは楽しかった。

Posted by : wara | 2017-12-09 13:17 |  Comment 0 |  Trackback