筒美京平の世界 [増補新訂版]

僕の昼の顔はデザイナーなんですが、最近
筒美京平の世界 [増補新訂版]
のブックデザインを担当いたしました。装丁は和田誠さんです。

けっこうなボリュームでしたので、10月いっぱいは常時筒美ワークスをかけながら。もともと歌謡曲も筒美先生ものも大好物なのですが、さらに筒美ワークスラブに拍車がかかりハウスDjなのにアレレ感が増してまいります。

手元に写真がないので筒美京平の世界 [増補新訂版]の告知はまた後日いたしますが、お先に「おきにいり筒美ワークス」をどんどこ紹介しようと思います。

まずはこれ!



いしだあゆみ 「さすらいの天使」

筒美京平の世界 監修のお一人、森光さんに教えていただき知ったのですが猛烈で腰抜けましたw
まずイントロのホーンが、確実に黒いポップスの予感を感じさつつ始まるとフォーク炸裂なんですけど、サビ&前後は若干ゴスペルちっくといいますか、かつ歌謡曲のフィーリングをばっちりおさえつつの哀愁ムネキュンメロに脱帽です。路線としては「また逢う日まで」と近いと思いますが、こちらはそんなには知名度もないようでヒットもそこそこのようです。
うーむキリのない筒美ワークス♪やっぱり最高ですな。


Posted by : wara | 2011-11-19 16:42 | 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks